共起語ってSEOに効果ある? アフィリエイトに使える共起語抽出ツールまとめ

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

共起語ってSEOに効果があるのでしょうか?
2017年に有効とされる
共起語を使った内部SEO対策の具体的なノウハウと
アフィリエイトに活用できる
共起語抽出ツールについてまとめました!

共起語がSEOに重要?

共起語がSEOに重要だといわれているようです。
2017年現在、SEOで成功して、自分のサイトを上位表示させるためには、
これまでのような外部SEOに頼り切った対策だけではなく、
いかに自分のサイトに適切なキーワードを配置していくか。

共起語を含めたキーワードの配置により、
Googleにきちんと評価される内部SEOの対策が重要といわれています。

ここでは普通のサラリーマンながら
副業のペラサイト量産のアフィリエイトで
5年以上にわたって月100万超を安定的に稼いできた
さぼてんの視点で共起語によるSEOを
アフィリエイトにいかに活かしていくか。

また、SEOやアフィリエイトに活用できる
共起語に関するツールをまとめてご紹介したいと思います!

共起語とは

そもそも共起語とは、
ある単語について、その単語といっしょに、
文章中に頻繁に出現する言葉のことをさします。

つまり、共起語というのは
あるキーワードについて
そのキーワードといっしょによく使われて
同じ文章中に頻繁に出現するキーワードということですね。

共起語の例をあげるとすると、
例えば「肌荒れ」というキーワードの共起語なら
文章中で頻繁に出現するキーワードとして
「ニキビ」、「乾燥」といったものがあります。

そして、実はこの共起語というのは
SEO上で非常に重要といわれています^^

Googleはそのページのコンテンツの質を判断する上で
その言葉の意味を人間のように理解しているわけではないです^^;
Googleは賢いといってもあくまでもロボットですから
単語と単語を機械的に抽出して認識しているにすぎません。
コンテンツの意味までは理解できていないんですよね。

そこでGoogleがコンテンツの質を判断する上で
使用していると思われる指標の一つが共起語というわけです。

共起語というのは、そのキーワードとともに
文章中に頻繁に出現すると考えられる単語なわけです。
そのため、共起語が多い文章というのは、それだけ
そのキーワードとの関連性が高い文章と考えられるわけです。

このように、Googleなどの検索エンジンは
共起語の出現頻度というのを、
そのページのコンテンツの質を判断する指標の一つとして
使用しているのではないかといわれているそうです。

共起語と関連キーワードとの違い

共起語について、よく混同されがちなのが関連キーワードです。

共起語と関連キーワードというのは
似ているようでちょっと違います。

簡単に言うと、
共起語がそのキーワードといっしょによく使われ
文章中に頻繁に出現する単語であるのに対し、

関連キーワードというのは
ユーザーが検索するときに
いっしょに検索されることが多い単語になります。

関連キーワードというのは
例えばこちらの無料のツールで簡単に調べることができます↓

>>関連キーワード取得ツール(仮名・β版)

ちなみに、Googleサジェストというのは
ユーザーがGoogleの検索窓にキーワードをいれたときに
検索窓の下に入力候補が出てきますよね。
このようにGoogleに提案(サジェスト)されるものをいいます。

Googleにサジェストされなくても
多くのユーザーが、そのキーワードといっしょに
検索することが多いキーワードのことを
関連キーワードといいます。
上記の関連キーワード取得ツールなら
五十音順ですべての関連キーワードが
網羅的に抽出できます。

共起語は文章中に頻繁にいっしょに出現する単語、
関連キーワードは頻繁にいっしょに検索される単語、
似て非なるものですが、結果として同じものになることはありますね。

類義語や同意語というのもありますが
共起語とは違うものなので注意してください。

2017年現在、共起語がSEOに重要といわれる理由

繰り返しになりますが
2017年現在、SEOで上位表示させるためには
共起語が重要といわれるようになってきています。

その理由は、Googleというのは
そのページのコンテンツの質を評価するために
共起語を判断の指標の一つにしているかもということでしたね。

結局、Googleなどの検索エンジンというのは
人間のように言葉の意味を理解して認識しているわけではなく
単語を機械的に抽出してアルゴリズムをもとに計算をして
コンテンツの質を評価するしかないですから。

このように書くと、ユーザー目線ではなく
検索エンジンに向けてコンテンツを書いたほうが
SEOで上位表示させるためには有効って感じがしてきますね^^;

まぁ、実際のところ、
SEOで上位表示させるためには、
まずはGoogleにきちんと評価されるために
Googleに認識される共起語を散りばめていった方がよいと思います。

とはいえ、アフィリエイトで成約を狙って稼ぐためには
Googleなど検索エンジンにだけ評価されてもダメです。
きちんとユーザーの検索意図をとらえて
その検索ニーズを満たすようなコンテンツを用意して
ユーザーという人間にも評価される必要があります。

それがアフィリエイトの成約にもつながるし
Googleはユーザーの検索行動までみているといわれるので
結局はそれがSEOで上位表示するためにも重要になるのかなと思います。

そしてユーザーのためのコンテンツを
きちんとリサーチした上で書くとなると
自然と文章には共起語が入ってくると思います。

また、共起語というのは
Googleサジェストなどの関連キーワードと似て非なるものとはいえ
結果として一致する場合も多くあります。

それはつまり、共起語を意識して文章を書くと
ユーザーが検索するキーワードというのもの
自然と文章に入ってくることになるわけです。

その結果、検索エンジンからのアクセス増加も見込めるわけで
そのことがSEOで上位表示させるためにも
効果を発揮している可能性も考えられます。

以上、2017年のSEOにおいて
共起語がSEOやアフィリエイトにおいて
重要といわれる理由について
僕なりに考えていることでした。

共起語を使った2017年最新の内部SEOノウハウとは

共起語を使った2017年最新の内部SEOノウハウについてご紹介します!

上位表示させたいキーワードで上げきれない場合、
外部リンクを送りまくるというのもSEO施策の一つですが
内部SEOとして、共起語を多く含んだ文章を追加するというものも重要です。

数年前は、サイトのコンテンツが適当であっても
外部SEOで被リンクをバンバン当てれば
結構簡単に上位表示していました^^;
でも、今は外部SEOよりも
内部SEOの方の重要性が増してきているといわれています。

コンテンツSEOの時代といわれるぐらい
サイトのコンテンツの質や内部SEOというのが
上位表示させるためには重要となってきています。

とはいえ、今でも被リンクは有効です。
ただ、被リンクのSEO効果を発揮させるためには
そのリンク先であるサイトの器というか、
コンテンツがしっかりしていることが前提となってきたというわけです。

さぼてんのサイト作成のポイント2017無料レポートが完成しました!

前回の僕の無料レポートでも少し触れたのですが、最近のSEOの傾向の一つとして、
実際に上位表示しているサイトの内容を取り入れると上がりやすい感じがします。

要するに、すでに上位表示しているサイトから
うまい具合に内容を取り入れるということですね。

もちろんコピペのバクリはダメですが・・・^^;;

たぶんですが、それで上位表示しやすい傾向にあるというのは
共起語がうまく取り込めるからではないかなと思います。

Welqなどのキュレーションサイトが、SEOですごく強かったのは、
この共起語も関係していたのではないかなと思います^^;

自分のサイトになく上位サイトにある共起語をとりいれる

では、共起語を使った2017年最新の内部SEOノウハウとは
具体的にはどういうものかというと
自分のサイトにはなく、上位サイトにある共起語を
自分のサイトに取り入れていくということになります。

後ほどまたご紹介しますが
無料の共起語検索ツールなどを使用して
出てきた共起語を単に入れるだけではダメなんです^^;

大事なことは、自分のサイトにはなくて
上位サイトに多く含まれている共起語を
自分のサイトに取り入れていくということですね。

検索順の上位にいるサイトというのは
Googleなど検索エンジンにコンテンツが
実際に評価されているということですよね。

その上位サイトに含まれている共起語を
自分のサイトにも取り入れることによって
よりGoogleなど検索エンジンンに評価される
コンテンツに近づけられるというわけです。

キーワードを配置するだけでもOK

しかもですね、
実はGoogleなどの検索エンジンに評価されて
検索順位上で上位表示させるためには
共起語などのキーワードを配置するだけでもOKといわれていますw

まぁ、僕は実際には試していないのですが
無理して文章にしなくても
共起語などのキーワードをサイトに列挙するだけでも
SEOの効果はあるのだそうです。

つまり、サイトの下部とかに
箇条書きでもいいので
共起語をなどのキーワードを書いておくわけです。
例えばこんな感じ↓

・共起語
・キーワード
・SEO
・検索
・ツール
・コンテンツ

こんな風に機械的に
共起語などキーワードを箇条書で
配置するだけでもOKだそうです。

実際のところ、
Googleなどの検索エンジンというのは
2017年現在でも、文章そのものを
言葉で理解して認識しているわけではないと思います。
結局は、単語やキーワードを抽出して
単語、キーワード単位で認識しているに過ぎません。

となると、下手に文章にするよりも
Googleなどの検索エンジンに認識されやすいように
こうやって箇条書きなどで共起語やキーワードを
列挙してあげた方がいいのかもしれません。

とはいえ、これもやりすぎるとスパムになると思うので
ほどほどにしておきましょうw

アフィリエイトやSEOに使える共起語検索ツールまとめ

アフィリエイトやSEOに使える
共起語検索ツールについてまとめました。
無料のものも有料のも含めて、
さぼてんがおすすめするものをご紹介しますね。

サクラサクLABO共起語検索調査ツール

>>サクラサクLABO共起語検索調査ツール

無料の共起語検索ツールで
一番有名なのがサクラサクLABOさんの
共起語検索調査ツールではないでしょうか。

何と言っても、「共起語」で検索すると
現在1位に表示されていますからね^^;

もともとSEO業界で共起語が話題になってきたころ
下記サイトが共起語検索ツールのパイオニアとして登場していました。

>>共起語検索ツール

僕も上記サイトには何回かお世話になっていたのですが
このサイトの後継?がサクラサクLABOさんの
共起語検索調査ツールのようですね。

サイノアさんの共起語抽出ツール

>>無料の共起語抽出ツールはこちら

ブログ簡単投稿ツールの「bost」や
独特のメルマガでも人気のサイノアさんが
作った共起語抽出ツールもおすすめです。
こちらの共起語抽出ツールも無料で利用できます。

この共起語抽出ツールを作ったサイノアさんですが
さぼてんも非常にお世話になっています^^

ブログの簡単投稿ツールの「bost」や
Yahoo!知恵袋の分析ツール「Chema」など
さぼてんが愛用しているツールも作成されている方です。

↑こちらの「bost」や「Chema」については
さぼてんからのAMC入会特典としてもお渡ししています。

興味のある方はこちらからチェックしてみてくださいね↓

>>サイノアさんのツール付きでAMC入会するならこちら

Entich(エンティック)

共起語を使った2017年最新の内部SEOノウハウをおこなう上で
さぼてんが一番おすすめするのがEntich(エンティック)です。
こちらは有料の共起語検索ツールなのですが
有料ならではの価値が大いにあります。

それは、Entich(エンティック)なら、
共起語を使った2017年最新の内部SEOノウハウが
簡単におこなえるようになるということ。

Entich(エンティック)なら、自分のサイトにはなく、
上位サイトに多く含まれる共起語を簡単に抽出できるため
それを自分のサイトに取り入れるという内部SEO施策も
簡単に実施できるようになります。

Entich(エンティック)については
これらの記事で詳しく解説しているので
チェックしてみてくださいね。

Entich(エンティック)レビュー!2017年最新の内部SEOノウハウを実際に試してみます!

Entich(エンティック)は本日まで!さぼてん特典と無料の共起語ツールとの違いを解説します

いかがでしたでしょうか?

2017年のSEOにおいて
共起語はとても重要といわれています。

SEOでサイトをなかなか上位表示できないという人は
共起語を使った内部SEO施策を取り入れてみてください。

ちょっと試してみるだけで、
意外とさくっと上位表示できるようなるかもしれませんよ。




ブログランキングに参加しています!
応援をよろしくお願いいたします m(_ _)m

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ


2 件のコメント

  • さぼてんさん

    こんにちは、アラタです^^

    共起語というのは今まであまり意識はしていませんでしたが、確かに言われると思い当たるふしもありますね・・・・。
    ちょっと、この記事はかなり真剣に読んじゃいました^^

    SEOはいろいろな要素がありますが、これは比較的取り組みやすいし、効果もそれなりにありそうですし、ぜひ意識したいところですね^^

    かなり参考になりました^^
    ありがとうございますm(__)m

    • アラタさん、コメントありがとうございます。
      共起語は最近のSEOで必ず耳にする感じですね。
      僕も最近は共起語を少し意識するように記事作成しています。
      今後ともよろしくお願いいたします!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。